デバッグモード

概要

デバッグモードを有効にすることにより、

エラーページにスタックトレース等の詳細な情報を表示することができます。

また、キャッシュファイルをリクエスト毎に生成するようになります。

デバッグモードの設定

ec-cubeプロジェクトのルートにある.envファイルを開くと、APP_DEBUG という定数があります。

APP_DEBUG の設定値を変更することで、デバッグモードを切り替えることができます。

APP_DEBUG=0 の場合、エラー発生時に最小限の表示となります。

APP_DEBUG=1 に設定すると、デバッグモードが有効となり、

デバッグモード時にエラーが発生すると以下ような画面が表示されます。

エラー画面

一般的にはAPP_ENV=devAPP_ENV=testの時は1を設定し、APP_ENV=prodの場合には0を設定します。