ec-cube.co カスタマイズディレクトリ利用方法


.coで動作しているEC-CUBE本体のソースコードは、EC-CUBEリポジトリの 4.0の場合 co/master、 4.1の場合 co/4.1 ブランチのソースです。 各ブランチを利用してEC-CUBEを起動し、 app/Customize ディレクトリでのカスタマイズを行います。

ローカル環境のセットアップ手順

公開鍵の設定

SSH認証鍵 へアクセスし、登録してください。
その際、スタンダードプラン契約時もしくはアップグレード時にイーシーキューブへ共有いただいたGoogleアカウントでログインしていることをご確認ください。

※詳しい設定方法については、上記ページの「詳細」リンク、もしくはこちらよりご確認をお願いします。

Googleグループアカウントご利用の場合

以下のメールアドレスを例に説明します。

  • google groupメールアドレス:example@googlegroups.com
  • グループ内ユーザのメールアドレス:user1@example.com
  1. SSH認証鍵 へアクセスし、公開鍵を登録します。
    その際グループ内ユーザのメールアドレス「user1@example.com」でログインし、公開鍵を登録します。
  2. git cloneでは、「user1@example.com」を指定して実行します。

ec-cube.coのレポジトリをclone

$ git clone <リポジトリURL> eccube-co-customize
$ cd eccube-co-customize

追従用のec-cubeレポジトリを追加

$ git remote add ec-cube https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git
$ git fetch ec-cube

開発用ローカルブランチ作成

$ git checkout -b develop origin/develop

co/(master もしくは 4.1) に追従する

$ git merge --allow-unrelated-histories ec-cube/co/(master もしくは 4.1)

テスト環境・本番環境への反映方法

ブランチを.coのリポジトリにpushすることでサイトへ反映が行われます。
反映されるまで1分程度かかります。

※ app/Customize以外のファイルをpushすることは可能ですが、サイトへ反映される対象は、Git管理機能の仕様を参照してください。

テスト環境に反映

$ git push origin develop -u

本番環境に反映

$ git checkout master
$ git merge develop
$ git push origin master -u

ローカル環境の立ち上げ

ローカル環境の立ち上げ

$ docker-compose -f docker-compose.yml -f docker-compose.pgsql.yml -f docker-compose.dev.yml up
$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console eccube:install --no-interaction
$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console eccube:generate:proxies
$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console doctrine:schema:update --force --dump-sql
$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console doctrine:migrations:migrate

ブラウザで表示

$ open http://127.0.0.1:8080/

プラグインが適用されている環境の、ローカル環境への反映方法

プラグインが適用されている環境の場合、ローカル環境へは別途プラグインをインストールする必要があります。

認証キーの追加

$ docker exec <postgres container name> psql -U dbuser eccubedb -c "update dtb_base_info set authentication_key='<認証キー>' "

プラグインのインストール・有効化

$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console eccube:composer:require ec-cube/<プラグインコード>
$ docker-compose exec -u www-data ec-cube bin/console eccube:plugin:enable --code=<プラグインコード>

更新日時: